パチンコ中毒の症状や特徴|診断や治療の流れ、原因と治し方

パチンコ中毒の症状にはどんな特徴がある

 

パチンコ中毒の症状に見られる特徴としては、なにがなんでもパチンコをやりたいという気持ちがあげられます。

 

パチンコ中毒者の多くは、自分が中毒になっている自覚はなく、ひとつの心の病気であるといえます。

 

心や健康が危険になるだけでなく、人生をも崩壊させる危険のあるパチンコ中毒の症状に見られる特徴をこまかくご紹介したいと思います。

 

まず特徴的な症状のひとつに、やめられないということがあげられます。

 

やめたくてもやめられない精神状態に陥り、気付くとパチンコ屋に向かっているという人も多いのです。

 

そして絶対に勝てると信じているという特徴もあります。

 

パチンコ中毒になった人の多くは、パチンコで大当たりをした経験があります。

 

一度大きな当たりを経験していることで、何度負けても、負けてたら取り返せばいいのだと信じてしまうのです。

 

パチンコ中毒者はパチンコ雑誌を熟読している人が多いでしょう。

 

パチンコの仕組みが分かっていれば必ず当たるというような言葉が雑誌には書かれています。

 

普通の精神状態であればそんなことがあるわけはないと理解することができますが、この通りにやっていれば絶対に大当たりするという洗脳状態に陥ってしまうのです。

 

 

パチンコ中毒の場合、病院での診断や治療の流れはどうなる

 

パチンコ中毒はパチンコに依存してしまうジャンキー状態に陥るため、その中毒症を治療目的として病院での診断を受けることが重要です。

 

多くの場合、本人のみならず周囲の人の勧めで病院での診断を受けるケースが多く、その治療のための相談を医師に行うこととなります。

 

病院での診断や治療については、まず始めに専門医によるカウンセリングを受けることから始まります。

 

その方法は主に面接による方法と筆記による方法だったりで、そこでパチンコ中毒の中毒性の程度を把握されます。

 

そしてかなりの重症のケースでは入院を勧められ、パチンコ屋に絶対に行けない状況を作り出します。

 

軽度であれば、本人に対するカウンセリングの中でパチンコ屋に行かない様に仕向け、身近な人にもアドバイスなどを行うなどして様子を見る形になります。

 

原則としてパチンコ中毒には薬の処方を行いませんが、精神疾患が絡んでくるケースではその疾患に対応した薬の処方がなされることとなります。

 

もちろん専門医によるカウンセリングは継続的に受ける形となり、パチンコ屋に行く心配がないレベルに達するまで続けられます。

 

そして問題がなければ、あとは普段の日常生活に戻り、その後は定期的なアフターフォローを行っていくのが、一般的な治療の流れです。

 

 

パチンコ中毒の原因はなんですか?また治し方はある

 

自分の意思ではやめられなくなるパチンコ中毒、なにが原因で発症し、治し方はあるのでしょうか。

 

パチンコ中毒の特徴としては、本当はやめたいと思っていて、今日こそやめようと決心するにもかかわらず、やめられずに繰り返してしまうことがあげられます。

 

財産のすべてをつぎ込み、借金をしてもやめられることはなく、周囲の静止をきくこともなく、家族や周りの人までも不幸にしてしまいます。

 

パチンコ中毒は自分の意思でやめられるものではなく、周囲のサポートを必要とする心の病気です。

 

それではパチンコ中毒になってしまう原因とはなんでしょうか。

 

少ない金額から思いがけずに大金を手にしてしまった時の興奮状態が忘れられず、のめりこんでしまうことが大きな原因とされています。

 

また仕事と自宅を行き来するような、刺激のない毎日を過ごしていた人が、想像以上の刺激やお金を手に入れたことで、のめり込むということもあります。

 

パチンコ中毒の治し方としては、まず本人が心の病気であると認識することが大切です。

 

治し方は人によって異なります。

 

もしも中毒のような症状があらわれていることがわかったら、早めに専門家に相談し、専門家の指導のもと、本人に合った対策をとることが大切です。

 

 

パチンコ中毒の克服をしたいときに相談できる場所

 

パチンコ中毒はなってしまうと克服をするのが難しいため、第三者に相談したいと考える人も多いでしょう。

 

一番適切なのは、心療内科、精神科に通って、医師に相談することです。

 

パチンコ中毒は依存症の一種であるため、専門医に相談することで適切な解決策を一緒に考えてもらうことができます。

 

また、心療内科や精神科では、医師と連携したカウンセラーが在籍しているケースがあります。

 

カウンセラーは、薬では対処できない心の病を改善するために、適切なアドバイスをしたり相談に乗ったりしています。

 

そのため、精神科や心療内科に行くことで、克服を目指すことができるようになります。

 

パチンコ中毒の方も、専門的な知識がある人たちに見てもらうことで、心強く感じるので、自分一人で克服をしようとするのに比べると確実性が増します。

 

また、ギャンブラーズアノニマスという団体があり、そこで克服を目指すという方法もあります。

 

これは、共通の問題を抱えている人同士が一緒になって改善をしていこうという団体です。

 

一方的に相談をする場ではありませんが、自分の現状を告白することで、直面している状況を冷静になって考えることが可能となります。

 

そのため、こちらも一人で頑張るよりも、パチンコ中毒が克服しやすくなります。

 

 

関連情報

 

パチンコ中毒のせいでいろいろなトラブルに巻き込まれることも多いと思います。

 

そのようなときには、このサイトが役にたつかもしれません。

 

借金苦でローンの借金返済が期日までに厳しい場合の対処方法

 

ローンの借金返済が期日までに厳しい場合の対処にはいろいろなやり方があります。

 

多重のローン債務を抱えて、明日の食べるものがないという状況の人や、生活ができないレベルまでおかねがなく困っている人という人はたくさんいます。

 

また、ローンなどが複数あり、借金返済自体が大変な負担になっている人もいます。

 

いろいろ読んでみて参考にしていただければと思います。