MENU

コラム

コラム記事一覧

弁護士のアドバイスも参考にして、今回行なった借金返済問題の解決法は任意整理です。取りも直さず債務整理ということになりますが、この方法により借金問題をクリアすることができました。個々の延滞金の額次第で、とるべき手段は様々あります。ひとまず、弁護士でも司法書士でも構わないので、費用なしの借金相談のために足を運んでみるといいでしょうね。自らに適した借金解決方法が明白になっていないと言われるなら、手始めに...

連帯保証人としてサインをしてしまうと、債務から免れることは無理です。言い換えるなら、当の本人が裁判所から自己破産を認められても、連帯保証人の債務まで消え失せるなんてことはないという意味です。借金返済問題を解決する方法のことを、一元的に「債務整理」と称しているわけです。債務と申しているのは、予め決められた相手に対し、決められた行為とか納入を行なわなければならないという法的義務のことです。当たり前のこ...

極悪な貸金業者からの催促の電話だったり、度を越えた返済に苦しんでいる方も多いと思います。それらの手の施しようのない状態を何とかしてくれるのが「任意整理」なのです。免責より7年オーバーでなければ、免責不許可事由と裁定されてしまいますから、現在までに自己破産をしたことがあるのなら、一緒の過ちを二度とすることがないように気を付けてください。借金返済、または多重債務で参っている人のためのお役立ち情報サイト...

借り入れの年数が5年以上で、18%を超える利息を返済している人は、過払い金が存在している公算が大きいと考えられます。法定外の金利は戻させることができるのです。100パーセント借金解決を願っているのであれば、取り敢えずは専門分野の人と面談する機会を持つべきだと断言します。専門分野の人と言いましても、債務整理の経験値が多い弁護士とか司法書士に相談することが重要です。ウェブの質問ページを見てみると、債務...

クレジットカード会社から見たら、債務整理で責任逃れをした人に対して、「今後は関わりたくない人物」、「借金を返さなかった人物」とするのは、どうしようもないことだと思います。借金返済で迷っていらっしゃるなら、債務整理を実行することで、借金が減額されますので、返済のプレッシャーも軽減されます。このまま悩まないで、専門家などと面談すると楽になると思います。債務の軽減や返済方法の変更を法律に基づいて執り行う...