携帯会社の乗り換えを検討中

今現在、携帯電話の乗り換えを検討しているとことです。

 

というのも、色々と生活にかかっている費用を改めて見てみたのですが、携帯料金がちょっとかかりすぎている印象がありました。月によっては、1万円以上携帯料金がかかっていることもあり、もっと安くしたい!という感じになってきました。

 

ocnモバイルone 対応機種などについても、月額料金が格安の携帯会社が増えていると聞いています。

 

電話をたくさんする人にとっては、三大キャリアと呼ばれる携帯会社の方が良いと言われているようですが、私は普段、電話をそれほどするわけでもないので、格安の携帯会社の方が向いているのかなと思っていたりします。

 

しかし、いざ携帯電話料金の安い会社に乗り換えようと思っても、プランがものすごくたくさんあったりして、なかなか選ぶのに苦労はしそうな予感はしています。

 

データ通信専用SIMやSMS対応SIM、通話対応SIMなど、携帯電話に挿し込むSIMカードにも、種類があって、その違いを理解するのにも一苦労です。

 

普段、私が生きている中ではなかなか耳にすることがない言葉が飛びかっているので、けっこう頭を悩ませながら、1つ1つサービス内容を理解していっています。

 

また、それぞれのSIMの中には、通信容量によって、月額料金がかなり変わってくるというのもあるようですね。通信容量が1GBだと月額1000円前後から運用できるようですが、通信容量10GBとか20GBとかを選ぶとなると、月額料金は2倍にも3倍にも跳ね上がります。

 

いったい私にふさわしいのはどのSIMカードでどの通信容量なのだろうか?というのを悩み始めるともう大変ですね。

 

なんとか選び抜きたいとは思っていますが、休憩をはさみながら、情報を整理して、また料金プランの比較を再開してなどをしながら、良いもの、合っているものを見つけるというのもまた一つのやり方だとは思っています。

 

ただ、調べてみると、多くの格安の携帯会社は問い合わせ窓口が充実しているということに気がつきます。

 

わからないところはチャットや電話などで質問することができることも多く、こういうやり取りを通して、疑問点を解決していくことができるわけですね。

 

直接お店とかに行って会って相談をするのがやりたかったりするのですが、格安の携帯会社の中には、店舗を持たないというところもあるようです。

 

そうなると、直接店員さんに会って相談というのは難しいですよね。
そういう相談の仕方で話を進めていきたいと思ったら、店舗を構えている会社を選んだ方が良さそうです。

 

選択の幅が広がりすぎるのも難点ですね。調べて印象に残っている格安の携帯会社はいくつかありました。

 

トーンモバイル、IIJmio、UQ mobile、mineo、エキサイトモバイル、OCN モバイル ONE、楽天モバイル、DMM mobile。いくつかと言いましたが、かなり多かったですね。絞り込んで調べていかないといけないですね。

関連ページ

信用情報への登録
弁護士のアドバイスも参考にして、今回行なった借金返済問題の解決法は任意整理です。取りも直さず債務整理ということになりますが、この方法により借金問題をクリアすることができました。
ネットを通じて申込を終える
任意整理においては連帯保証人も大切
連帯保証人としてサインをしてしまうと、債務から免れることは無理です。言い換えるなら、当の本人が裁判所から自己破産を認められても、連帯保証人の債務まで消え失せるなんてことはないという意味です。
特定調停を通じた債務整理
極悪な貸金業者からの催促の電話だったり、度を越えた返済に苦しんでいる方も多いと思います。それらの手の施しようのない状態を何とかしてくれるのが「任意整理」なのです。
出来るだけ早く借金問題を克服
借り入れの年数が5年以上で、18%を超える利息を返済している人は、過払い金が存在している公算が大きいと考えられます。法定外の金利は戻させることができるのです。
クレジットカード会社から見たら債務整理で責任逃れ
クレジットカード会社から見たら、債務整理で責任逃れをした人に対して、「今後は関わりたくない人物」、「借金を返さなかった人物」とするのは、どうしようもないことだと思います。
全国規模の消費者金融の殆どは、即日キャッシング
収入に結び付かない無利息キャッシング
カードローンは、総量規制の対象